ぷらっとこだまの予約、料金など使い方まとめました!

東海道・山陽新幹線をお得で便利に乗車できるチケットレス乗車サービスとしてエクスプレス予約があります。

さらに、割引がほぼないというデメリットがあるものの、昨年2017年9月30日から手持ちのクレジットカードと手持ちのSuicaを紐づけることでより気軽に利用できるようになったスマートEXが登場しました。

エクスプレス予約やスマートEXの中には、EX早割21と呼ばれる早割サービスがあり、大幅に割引された金額で東海道・山陽新幹線のぞみ号を利用できるといったものもあります。

また、EX早割21と同等、もしくはそれ以上の割引がある「ぷらっとこだま」も見逃せない存在です。

ぷらっとこだまとは?

「ぷらっとこだま」は、厳密にいうと、駅の券売機で購入する紙製のきっぷやエクスプレス予約などのチケットレスサービスなどとは異なり、JR東海ツアーズというJR東海の子会社の旅行会社が販売する東海道新幹線こだま号のチケットと1ドリンク引換券がセットになった「旅行商品」です。

つまり、ぷらっとこだまの券は、厳密にいうと「きっぷ」やチケットではなく、「旅行クーポン(以下、クーポン)」になります。

詳しくは後述しますが、商品名の通り、東海道新幹線のこだま号しか利用できないなどいくつかの縛りが発生するものの、割引率が大きくかなり安く乗車することができ、東京~新大阪間の移動の際に、「時間はあるけど節約をしたい」という人におすすめです。

ぷらっとこだまの料金

気になるぷらっとこだまの料金ですが、料金体系として大きく分けて2パターンあります。
さらにその中で通常期と繁忙期で料金が異なるため、

  • 普通車指定席(通常期)
  • グリーン車指定席(通常期)
  • 普通車指定席(繁忙期)
  • グリーン車指定席(繁忙期)

と、4パターンの料金表があり少々複雑です。

まず、4種類の料金表を抜粋しますので見てみましょう。

ぷらっとこだま普通車料金表(通常期)

ぷらっとこだま普通車料金表(繁忙期)

ぷらっとこだまグリーン車料金表(通常期)

ぷらっとこだまグリーン車料金表(繁忙期)

ぷらっとこだまの具体的な料金は上表のとおりです。
では、通常の駅の券売機で購入する際の通常価格、常に割引料金が適用となるチケットレスサービス・エクスプレス予約の2つと比較してどのくらい安いのかというと、

東京~静岡間
  • 一般価格:6,350円
  • エクスプレス予約:5,630円
  • ぷらっとこだま:4,700円
東京~新大阪間
  • 一般価格:14,140円
  • エクスプレス予約:13,370円
  • ぷらっとこだま:10,500円

※いずれも通常期のこだま号普通車指定席の大人料金で比較

と、かなり安いことがわかります。

ただし、料金表を見てお気づきの人もいらっしゃるかと思いますが、ぷらっとこだまは東海道新幹線の全駅で利用できる商品ではなく、東京・品川・静岡・浜松・名古屋・京都・新大阪の8駅での発着でしか利用できません。

よって、この8駅以外の新横浜・小田原・三島・新富士・掛川・豊橋・三河安城・岐阜羽島・米原の9駅からの発着のこだま号では利用できないという制限もあります。

さらに、注目したいポイントがぷらっとこだまのグリーン車指定席の東京・品川~名古屋・新大阪間の料金です。
東京・品川~名古屋間で普通車指定席+1,000円、東京・品川~新大阪間で+1,500円というわずかな追加料金でグリーン車指定席が利用できます。

具体的に、東京・品川~名古屋間、東京・品川~新大阪間の一般価格・エクスプレス予約・ぷらっとこだまのグリーン車指定席料金を比較してみましょう。

東京・品川~名古屋間
  • 一般価格:14,470円
  • エクスプレス予約:13,700円
  • ぷらっとこだま:9,300円
東京・品川~新大阪間
  • 一般価格:18,920円
  • エクスプレス予約:18,140円
  • ぷらっとこだま:12,000円

※いずれも通常期のこだま号グリーン車指定席の大人料金で比較

東京・品川~名古屋・新大阪間のグリーン車指定席の料金を具体的に比較してみると、各駅停車のこだま号のみしか利用できないとはいえ、割引率が強烈でかなり安いことがわかります。

東京・品川~名古屋・新大阪間で、ぷらっとこだまを利用するからには、グリーン車指定席を利用しないと損という印象すら受けるほどです。

ぷらっとこだまの予約方法

ぷらっとこだまの予約方法・買い方です。

ぷらっとこだまは、きっぷではありません。

駅の券売機やみどりの窓口では予約もできませんし、購入することもできません。
さらに、ぷらっとこだまは、「予約販売のみ」で当日購入することもできません。

ぷらっとこだまの予約方法・買い方は、以下の3パターンがあります。

  1. インターネット(e-ぷらっとネット)から予約申し込み
  2. 電話からの申し込み
  3. JR東海ツアーズの支店での申込(出発前日まで購入可)

インターネットからの申込みは、利用日の1ヶ月前の11時から出発5日前まで予約・購入可、クーポンは郵送で別途82円の送料が必要です。

電話で申し込む場合は、クーポンをJR東海ツアーズの支店に受け取りに行く場合は出発2日前まで予約・購入が可能ですが、クーポンを郵送受取の場合は出発の6日前まで予約・購入が可能で、出発11日前まで別途送料が82円かかります。
さらに、出発の10日以内の場合は別途362円の送料が必要です。

もっともオススメの予約方法は、インターネット予約です。
WEB上で、希望のこだま号の空席状況が確認でき、その場で即予約ができます(ただし、予約可能時間は5時30分~23時30分までで深夜の時間帯は利用できません)。

ただ、インターネットでの予約のデメリットは、事前にe-ぷらっとネット会員への登録が必要(無料)であることと、決済方法がクレジットカードのみであることです。

ちなみに、代金を現金で支払いたいという人には、電話での予約もクレジットカードでの決済のみのため、JR東海ツアーズの支店の店頭で予約するしか方法がありません。

JR東海ツアーズの支店の所在地については以下のとおりです。
JR東海ツアーズ支店一覧

また、関東・新潟・中部・関西エリアのJTB各店およびJTB総合提携店でもぷらっとこだまの店頭予約・代金の支払いができます。
ぷらっとこだま提携販売店

注意点について

ぷらっとこだまはかなりお得に東海道新幹線こだま号を利用できる一方、利用制限がいくつかあります。

具体的には、

  1. 乗車当日に購入できない
    (事前予約のみ)
  2. こだま号自由席は利用不可
    (普通車指定席もしくはグリーン車指定席のみ)
  3. 東京~新大阪間の利用可能駅は、東京・品川・静岡・浜松・名古屋・京都・新大阪の8駅のみ
  4. 途中下車不可
    (クーポン記載駅以外でやむを得ず下車する場合は、別途出発駅からの乗車券・新幹線特急券が必要、クーポンの払い戻しはない)
  5. 乗降の際、必ず新幹線専用改札口を通る必要がある
    (在来線乗り継ぎの場合でも、一旦、新幹線専用改札口から出る必要がある)
  6. 予約後の変更不可
    (予約取消の場合は乗車予定日の前日から起算して10日目より取消手数料が発生する)
  7. ぷらっとこだまは旅行商品であるものの添乗員は同行しない

の7点です。

出発当日購入ができないだけでなく、上記のとおり他にも細かい利用制限があるので、予約申し込みをする前にこれらをよく確認し、支障がないと判断した上で予約する必要があります。

ぷらっとこだま1ドリンク引換券について

ぷらっとこだまのクーポンには、1ドリンク引換券がついています。

具体的にどのような飲み物に交換できるかというと、

  • 660ml以下のソフトドリンク
  • 350ml以下の缶ビール
  • 500ml以下の酎ハイ、発泡酒

です。
また、1ドリンク券+170円で187mlのワインに引換可能です。

この1ドリンク引換券は、東海道新幹線(東京~新大阪間)各駅にあるJR東海ツアーズが指定した、「クーポン券引換店」のステッカーが貼ってある売店で交換ができます。

ぷらっとこだまは本当にお得なの?(エクスプレス予約との比較)

ここで確認したいことが、本当にぷらっとこだまはお得なのか?ということです。

前述のとおり細かい利用制限があり、利便性という面では、ぷらっとこだまは今一つです。
一方、常に割引価格で利用でき、乗車直前まで何度も手数料無料で列車予約の変更がスマホアプリから簡単にできる利便性に優れるエクスプレス予約と料金面で比較してみましょう。

目的地
乗車駅
東京・品川新横浜静岡浜松名古屋京都新大阪
東京・品川4,7006,6008,30010,30010,500
5,6307,57010,11012,83013,370
新横浜4,6006,4008,10010,10010,400
5,0707,1409,46012,18013,040
静岡4,7004,6004,7007,7008,200
5,6305,0705,8309,46010,110
浜松6,6006,4003,7006,6007,100
7,5707,1404,4207,5708,220
名古屋8,3008,1004,7003,7004,3004,400
10,1109,4605,8304,4204,8205,580
京都10,30010,1007,7006,6004,300
12,83012,1809,4607,5704,820
新大阪10,50010,4008,2007,1004,400
13,37013,04010,1108,2205,580

※上段赤字:ぷらっとこだま(通常期)・下段黒字:エクスプレス予約

一覧表にして比較してみると、すべてのパターンでぷらっとこだまの方が安いですね。

さらに、エクスプレス予約会員であれば、ぷらっとこだまのクーポンをさらに3%オフで予約・購入することが可能ですので、エクスプレス予約会員の人であれば最安値でぷらっとこだまを購入することができます。

ただし、エクスプレス予約会員になるためには、特定のクレジットカードを保有し、さらに、JR東海エクスプレスカード、J-WESTカードエクスプレスタイプ以外のクレジットカードの場合は、エクスプレス予約カードの年会費別途税込1,080円が必要です。

そのため、普段あまり東海道新幹線を利用しない方は、お得にならない場合もあります。

※エクスプレス予約会員になるための特定カード(JR東海エクスプレスカード、J-WESTカードエクスプレスタイプ、JCB、三井住友カード、三菱UFJニコス、イオンカード、アメックス、ダイナースクラブカードなどの三井住友トラストクラブ、ENEOSカードなどのトヨタファイナンスのカード)

まとめ

旅行商品ぷらっとこだまは、お得に東海道新幹線こだま号に乗車でき、1ドリンク引換券もついています。
当日購入不可などの利用制限がありますが、時間に余裕があり東海道新幹線での移動で節約したいという方に、おすすめの方法です。

ただし、EX早得21は、ぷらっとこだまの割安料金に500円追加するだけで、東京・品川からのぞみ号で早く名古屋・新大阪に行くことができます。
※EX早得21とぷらっとこだまと比較すると、東京・品川~名古屋・新大阪間いずれも、ぷらっとこだま通常期料金の+500円と差額が500円まで縮まるため(東京~新大阪間のEX早得21設定区間は、東京・品川~名古屋・新大阪間のみ)



サブコンテンツ

このページの先頭へ