楽天ブラックカードのステータス性どう?申込み方法まとめ

あまり表だって宣伝されていませんが、クレジットカードの中には、最高レベルと言われる「ブラックカード」と呼ばれるものがあります。

有名なところでは、

  • アメリカン・エキスプレス・エクスプレス・センチュリオン・カード
  • ダイナースクラブ・プレミアムカード
  • JCB THE CLASS

などがそうですね。

このようなブラックカードの共通の特徴は、

  • インビテーション(招待)が届いた人でなければ入会できない
  • 年会費が非常に高額
  • 使い切れないほどの特典サービス
  • 一方、ポイント還元率は一般カードと同程度

といったものが挙げられます。

ところで、三井住友カードよりも持っている人が多いといわれる日本で最も有名なクレジットカード「楽天カード」にも実はブラックカードあることをご承知でしょうか?

楽天カードの公式ホームページにもブラックカードは記載されていません(楽天ブラックカード公式専用ページはありますが)。

楽天ブラックカードを所有している人はかなり少ないと言われており、楽天ブラックカードへの入会に必要なインビテーションの獲得も実は最難関レベルでは?と言われているほどです。

楽天ブラックカードとは

楽天カードイメージ

年会費32,400円(税込)還元率1.0%
電子
マネー
Edyポイント楽天ポイント

即日
発行
年会費
無料
マイルが
貯まる
ラウンジ
利用可
Apple Pay旅行
保険
  • 海外旅行傷害保険最高1億円
  • 世界120ヶ国の空港ラウンジが使えるプライオリティ・パスが無料
  • 誕生月に楽天市場で利用するとポイント1%加算

そんな謎の多い楽天カードの最高峰、楽天ブラックカードは、

  • 年会費:32,400円(税込)
  • 家族カード:無料(2枚まで発行可)
  • ETCカード年会費:無料
  • 国際ブランド:JCB・MASTER・AMEX
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円(自動付帯)
  • ショッピング保険(動産保険):年間最高300万円

VISAを選択できません。
楽天ビジネスカードは逆にVISAしか選択できないなど、同じ楽天カードでも細かな部分で違いがあるようです。

年会費は32,400円と驚くほど高いわけではありません。
楽天プレミアムカード(年会費10,000万円)と異なる点は、海外旅行障害保険が、楽天プレミアムカード(自動付帯4,000万円+利用付帯1,000万円)よりも倍以上になることでしょうか。

国内旅行傷害保険やショッピング保険などに違いはありません。

その他のサービス

  • ネット不正あんしん制度
  • 商品未着あんしん制度
  • プライオリティパス(プレステージ)
  • ブラックカード会員専用国内宿泊予約センター
  • トラベルデスク
  • 手荷物宅配サービス
  • ハーツレンタカー優待
  • コンシェルジュサービス

ポイントについて

ポイント還元率は、年会費無料の一般楽天カードと同じく1.0%です(カード利用100円につき1楽天ポイント)。

ただし、楽天での買物については、年会費無料の一般楽天カードよりも2%多くポイントが貯まります。
しかしこれは年会費2,160円の楽天ゴールドと同じポイント還元率なので、注目すべきはここではありません。

楽天ブラックカード特典は、

  • 特別指定キャンペーン+1%
  • 楽天トラベル+1%
  • 楽天ブックス+1%
  • 楽天TV+1%
  • 毎週火曜・木曜日は+1%
    ※楽天ブックスを除く
  • 誕生月+1%

など、楽天での買物に限られますが、楽天ブラックカードの支払いでポイントがさらに貯まりやすいよう設定されています。

電子マネーについて

電子マネーについては、楽天Edy、Apple Payに対応しています。

nanacoとSuicaチャージ(Apple PayのSuica、JR西日本のICOCAも含む)はチャージはできますがポイント付与対象外です。
MASTERブランドのみau WALLETカードチャージで1.0%のポイント付与があります。

電子マネーについては一般カードと同じですね。

 

楽天ブラックカードは、プラチナカードによくある24時間365日コンシェルジュサービスが利用でき、年会費もそこまで高額ではありません。

家族カードも無料で2枚まで持てますし、海外国内旅行傷害保険もいずれも自動付帯で家族特約まで付いていると考えれば、持ってみようかなと思える「ちょうどいい」ブラックカードといえますね。

申込方法

気になるのは、楽天ブラックカードの申込方法と審査基準ですね。

まず、申込方法ですが2つあります。

1つは、下位カードの楽天プレミアムカードやゴールドカードをメインカードとしてしっかり利用し、かつ、楽天の各種サービス(楽天市場だけでなく、トラベル、銀行、証券、保険など)もしっかり利用して実績を作り、楽天カードからインビテーション(招待)を受け取ることです。

2つ目は、いわゆる突撃です。
楽天ブラックカードは、専用申込サイト(WEB上)からの申し込みが可能となっています。

審査基準

次に、気になる審査基準ですが、結論から言いますと、楽天ブラックカードの入会審査のハードルはかなり高いです。

WEB上でも楽天ブラックカードに突撃した人の体験談や実際の楽天ブラックカードホルダーの話など調べれば簡単に出てきますが、WEB上の体験談の人物像をまとめたAさんの事例と実際に楽天ブラックカードホルダーのBさんの事例を見てみましょう。

楽天ブラックカードへの入会申込で突撃をしあえなく撃沈してしまったAさん
  • 職業は会社員(高年収)、兼業投資家
  • 楽天ヘビーユーザーで、毎月楽天市場にて最低10万円以上は買い物をしている
  • 楽天Point Clubのランクは常に最高ランクをキープ
  • 兼業トレーダーで楽天証券を利用、毎月、数百万円単位の株取引を継続
  • 楽天銀行の口座には常に数千万円の預金残高
  • 楽天ブラックカードの申込時には楽天プレミアムカードを保有していた
  • 楽天ブラックカードへ自ら申込み
楽天ブラックカードホルダーのBさん
  • 職業は会社員、副業としてせどりを5年間継続中、毎年年間50万円程度の利益
  • せどりの仕入れ用として毎月楽天市場で最低20万円以上購入
  • 楽天Point Clubのランクは最高ランクのダイヤモンドを3年以上キープ
  • 楽天ブラックカード保有前は、楽天ゴールドカードを保有していた
  • ある日突然、楽天ブラックカードのインビテーションが届いた
    ※しかも年会費永年10,000円引きの特別優遇特典サービス付き

楽天ブラックカードが入手できなかったAさんと実際に楽天ブラックカードを保有しているBさんの事例を挙げてみましたが、いかがですか?

楽天銀行の口座に数千万円もの預金があり、楽天証券にて大きな株取引を毎月行っているAさんは、誰がどう見ても「お金持ち」であり、楽天グループの上顧客であると判断できますね。

しかし、楽天側は、楽天ブラックカードを発行しないという判断をしたわけです。

一方、Bさんは、Aさんのようなお金持ち・セレブではないのに楽天ブラックカードのインビテーションが届き、楽天ブラックカードホルダーになれただけではなく、なんと年会費の永久割引特典も受けることができたというのです。

楽天ブラックカードに限らず、どんなクレジットカードの入会審査においても、その詳細について、クレジットカード会社側は絶対に説明することはありません。
よって、クレジットカードの入会審査の詳細は謎なのですが、そうはいってもある程度の傾向と対策はあるものです。

前述のとおり、楽天ブラックカードは、入会申込ができる特別なWEBページが存在しますが、カード申し込みボタンの下に、

楽天ブラックカードは、原則、楽天カードが発行するカードをお持ちの方の中から選ばれたお客様へご案内させていただいております。ご案内をお受け取りのお客様のお申し込みをお待ちしております

とインビテーションを待つように念を押しています。

実際に、どれだけ調べても楽天ブラックカードのインビテーションなしで自分から申込をして入会できたという事例が見つかりませんでした。

クレジットカードを20枚以上持っているようなクレジットカードマニアと呼ばれるような人でさえ、楽天ブラックカードを持っているという人は、ほんの一握りの人です。

楽天カード(一般カード)は、誰でも作れるクレジットカードとして有名で、たまにバカにするような人も散見されますが、楽天ブラックカードに関しては、取得難易度は最高レベルといってもいいほどです。

ただし、数年前に楽天市場のヘビーユーザーで、かつ楽天カードを持っていない人、過去に一回も楽天カードの入会申込をしたことがない人に対して、楽天ブラックカードのインビテーションをバラまいたという事例もあります。
しかも、楽天ブラックカードの入会審査を通過した場合は、入会後5年間は年会費を無料とするという特典サービスもつけたということで、その当時、WEB上でかなり話題となりました。

今後、再び楽天ブラックカードのインビテーションのバラまき施策をやるかどうかはわかりませんが、どうしても楽天ブラックカードを取得したい場合には、

  • 楽天プレミアムカードを保有し、できるだけ多くの金額を決済する
  • 楽天のサービスをできるだけ多く利用する(楽天市場だけではダメ)

以上のことを1年間だけではなく2年以上継続する(5年以上がんばっても楽天ブラックカードのインビテーションが届かないと嘆く人は多数います)という努力をするしかないというのが現状です。

他社のブラックカードと比べてステータス性どう?

ダイナース・プレミアムやアメックス・プラチナカードよりも楽天ブラックカードのほうがインビテーションの取得難易度が高いです。
しかし、ステータス性はどうなのでしょうか?

残念ながら、世間一般の人からは「黒色の楽天カード」程度にしか見てもらえません。
ダイナース・プレミアムやアメックス・プラチナ、あるいはアメックス・ゴールドのほうがステータスカードとしての認知度は高いといえます。

ただし、年会費の面では、ダイナース・プレミアムやアメックス・プラチナは税別で130,000円もしますから、そういった面でのステータス性はあるでしょうし、ホテルの宿泊時(空き部屋がある場合の部屋のランクアップ)やデパートでの買い物時の優待サービス(銀座の専用ラウンジ利用など)は群を抜いており、お店の人からも上顧客扱いをしてもらえることもあるでしょう。

まとめ

楽天ブラックカードのメリット・デメリットはありますが、とにかく取得難易度が高すぎることが一番のデメリットです。

もう少し、楽天ブラックカードの発行枚数を増やしてもらえると、ブラックカードとしては、年会費も安く、優待サービスもコンシェルジュサービスなど人気のあるものは、しっかり付帯しており、非常にバランスの良いブラックカードなので、とても残念です。

楽天ヘビーユーザーの方や楽天ファンの人であれば、楽天ブラックカードの取得に挑戦してみると良いかもしれまんね。

追記

※中に登場した事例AさんはWEB上にある情報をまとめた人物像です。
一方、楽天ブラックカードホルダーのBさんは私の友人で完全な実話であり、実際に楽天ブラックカードを見せてもらいました。

 



ApplePayバナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ