将来が不安で眠れない【仕事、お金、結婚】人への対処法

ある時ふと襲ってくる不安。

「仕事」「就職」「お金」「結婚」など、さまざまな不安が付きまとい、ある日突然襲ってくることもあるでしょう。

そしてその不安が原因で心身が不調になることもあり、「不安」という感情はとても難しいもの。
そこで、将来に不安を感じることを種類別に考え、不安に対しての解決策をご紹介します。

そもそも不安はダメなことではない

落ち込む男性のイメージ画像

そもそも不安とはマイナスなものなのでしょうか?

不安は適度にあると自分の動機付けや原動力にもなるため、いい意味で作用することもあります。

そのため不安に感じることを分解し、今の自分にとって必要なのかを知る必要があります。
そこで、自分にとって「必要ない不安」の解決方法をご紹介します。

何に不安を感じているのか知る必要がある

マインドマップの画像

不安を感じているときは最初に漠然と不安に感じることが多いでしょう。

しかし、ただ漠然としている状況では対策を考えることが難しいため、まず自分は何に対して不安を感じているか知る必要があります。

そのためには、自分が感じている不安を「紙に書き出してみる」ことがいいでしょう。

次に、その不安に対してさらに「なぜ」「どの状態なら不安がなくなるのか」といったことを書き続けると、根本的な原因の対策が見えてきます。

さらに自分の不安を書き出ことで自分の思考をすっきりと整理することもできるでしょう。

将来を不安に感じる原因とは

人それぞれ将来に不安を感じる原因はさまざまです。

なぜならそれぞれ育った環境など、生き方が違うため、不安に感じることはそれぞれ違います。

そこで、多くの人が感じる将来の不安を以下にまとめました。

安定していない

人間はどうしても安定を求めてしまう傾向があるため、経済面、生活面など、何か一つでも不安定な要素があると心に余裕がなくなることがあります。

これは、安定を望む気持ちが強すぎるため、そのような心理状態に陥りやすいため、自分にとって「安定とは何か?」を考てみることをおすすめします。

考えてみると、自分が求めている安定は案外簡単なことだとわかるときもあるでしょう。

経済的余裕がない

給料袋 紙幣の画像

経済的に余裕がない人は生活の不安が常に付きまとい、その不安から行動することを制限してしまう人もいるでしょう。

さらにお金を「どう使わないか」と考えるようになり、さらに行動しづらい考え方になりがちです。

人間関係

考え事をする女性

「あの人とはうまくいかない」「あの人と合わない」など、人間関係の不安もよく発生するでしょう。

例えば職場の上司が苦手なタイプであり、どう接したらいいのか悩んでしまい、なかなか解決方法を見出せずに、将来ずっとこの人と働くと思うと不安に感じることもあります。

その場合は相手を無理に変えようとせず、自分がどうすれば気にしないで済むか考えるようにしましょう。

といっても、無理に自分を変えるのではなく、違う方向から考えることや場合によってはその人を避けるのも一つの手でしょう。

生活で感じる将来の不安要素

休憩するビジネスマンのイメージ画像

毎日の生活で感じる不安は以下の通りとなります。

仕事の不安

「今の自分の仕事がなくなってしまう」「会社の給料が良くなかったり休みがなかったりする」と仕事について考えれば考えるほど将来が不安になることもあるでしょう。

また、仕事をしていれば周りの目が気になってしまうこともあるかもしれませんし、自分のスキルを磨かなければいけないなど、不安は考えるほど大きくなるばかり。

こんにちは うつで仕事を辞めた経験のある石原です。 さて、この記事を読んでいるあなたは、毎日仕事に行く中で、「あぁ…今日も仕事行きたくないな」なんて思っているのかも

就職の不安

将来ちゃんとした仕事に就職できるのか?また、希望通りの仕事ができるのか?といった、就職の不安も考え出したらきりがありません。

特に就職活動中の場合は「面接の不安」や「採用されるかどいうか」といった不安など、さまざまな不安が押し寄せてくるでしょう。

こんにちは フリーターから就職した経験のある石原です。 あなたは今現在、どのような雇用形態で働いていますか? パートやアルバイトでしょうか? 契約社員や派遣

お金の不安

将来の不安の最も大きい要素はお金の不安なのではないでしょうか?

もちろんお金だけではないものの、やはり金銭的な不安は全ての行動を抑制してしまうもの。

特に「今の仕事の給料が安すぎて生活できない」「老後の生活費の心配」など考えれば考えると将来についての不安は尽きることはないでしょう。

お金が貯まりにくいと自覚している方、節約が苦手だと感じている人にとって、我慢続きの節約ライフは正直キツイし、続かないものです。 本記事では貯金に苦手意識がある方、試してみたけどお

結婚の不安

年齢を重ねるごとに押し寄せてくる不安は「結婚ができるか?」といった不安でしょう。

特に友達は既に結婚していて子供までいるということを聞かされるとますます焦りが生まれ不安が大きくなることもあります。

不安を放っておくとどうなる?

不安を感じても大丈夫とポジティブに強がっている人や不安など将来に直結しないと思っている人もいるますが、不安を放っておくと徐々に心身に影響を与えることになります。

そこで不安を放っておくと生じる3つの状態をご紹介します。

1.ストレスが溜まる

パニックになる女性

不安があると何もかもがうまくいかないような気がしてどんどんストレスが溜まることでしょう。
このストレスは溜めすぎると様々な病気になる危険があります。

さらに不安で行動できないことがあるとそれに対してストレスを感じてしまうという悪循環になることも。

そのため、不安を放って置かず少しでも取り除いてあげるようにしましょう。

ストレスを抱える男性の画像
仕事をする上で誰もが感じるであろう「仕事を辞めたい」「仕事がしんどい」というネガティブな感情。 「ストレスは誰もが持っているからしょうがない」と思っている人も多いですが、そん

2.生きるのが辛くなる

日々不安に支配されているため何をするにも怯えた感じで行動し、一つ一つの行動ができなくなるため生きるのも辛くなるでしょう。

そうなると、楽しくもなく生きがいを感じることができないため平凡な人生になってしまいます。
大切な時間をただ浪費してしまい、さらに後悔してしまうため、不安を取り除いて辛く感じることのない人生を過ごすことを目指すようにしましょう。

3.何にも手がつけられない

不安な状態でいると何をしても失敗すると思い込んしまうため、挙げ句の果てに何も手をつけられなくなります。

なぜなら、「失敗したら…」というマイナスな考えに支配されているため行動ができなくなります。
さらに結果行動しないままの自分をさらに攻めてしまうこともあるでしょう。

不安を取り除くための3つの方法

不安は自分の考え方次第である程度までは取り除くことができます。

そこで、不安を取り除くための3つの方法をご紹介します。

1.不安は早めに解消する

少しでも不安を感じることがあれば、その状態を長くキープすると余計に不安に支配されてしまうため、不安要素を排除する必要があります。

不安になったことを忘れる、もしくは気にしないようにすることが重要でしょう。

2.考えすぎないようにする

不安が襲ってきたときには深く考えすぎないようにすることが大切になります。

しかし、行動しないと何も始まらないため、原因を探るためにとにかく行動するようにします。

行動することにより何か打開策が見つかることが多いでしょう。

3.新しいことにチャレンジする

不安を取り除く方法として何か新しいことへ目標を変え、気分を一転すると不安が取り除かれる場合があります。

明確な目標やこうなりたいと思うと人はわくわくし、不安に支配されなくなるでしょう。

しかし、挑戦することにより注意するべきことは「失敗したらどうしよう」と考えるのではなく、「成功するにはどうしたらいいか」と考えるなど、自分の気分をコントロールする必要があります。

不安を無くすのではなく上手くコントロールすることが大切

不安は完全に無くすことはできません。

なぜなら、あなたが「今のままではいけない」と思う向上心があるからです。
逆にその不安があるおかげで自分を成長させる動機につながることもあるため、不安は必要なものでもあります。

そのため、不安を完全に無くすと考えるのではなく、うまくコントロールすることを心掛けると楽になるでしょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ