ビューゴールドプラスカードのメリットデメリットまとめ

view ゴールドプラスカードイメージ

年会費10,000円(税抜)還元率0.5%
電子
マネー
SuicaポイントJREポイント

即日
発行
年会費
無料
マイルが
貯まる
ラウンジ
利用可
Apple Pay旅行
保険
  • 東京駅構内のビューゴールドラウンジを利用できる
  • 家族カード1枚は無料(2枚目以降9枚まで1枚につき年会費3,000円)
  • Suica定期券機能付き(定期券の購入はポイント3倍)

ビューゴールドプラスカードがおすすめな人

これまで、ゴールドカードなどの上位カードがまったく存在しなかったJR東日本のクレジットカードのビューカードですが、2015年4月に満を持してビューゴールドプラスカードが発行されました。

このビューゴールドプラスカードですが、やはりゴールドカードであるだけに年会費も初年度無料などの施策もなく、10,000円(税別)の費用がかかる一方、これまでなかった鉄道の「駅のラウンジ」が利用できるなどのお得な特典サービスが用意されています。

つまり、JR東日本の列車やサービスを頻繁に利用する方に、ビューゴールドプラスカードがオススメです。

年会費、還元率、ポイント

それでは、具体的にビューゴールドプラスカードについて見ていきましょう。

まずは、ビューゴールドプラスカードの基本概要からです。

  • 年会費:10,000円(税別)
  • 家族カード:1枚目無料
    ※2枚目以降3,000円/枚(税別・9枚まで発行可)
  • ETCカード年会費:無料
  • 国際ブランド:JCBのみ
  • 付帯機能:Suica、定期券、JREポイントカード
  • 貯まるポイント:JREポイント
  • ポイント還元率:0.5%(1,000円のカード利用で5ポイント)
  • ポイント有効期限:ポイントの変動(貯める・利用する)から2年間
  • 電子マネー:モバイルSuica(オートチャージ可、モバイルSuica年会費税別953円を当面無料となる特典あり)・ApplePay

その他、JREポイント加盟店でのポイント還元率は1.5%(カードの提示1.0%+カード決済0.5%)となりますし、定期券の購入(JR東日本のみどりの窓口・販売機で購入した場合)やオートチャージ利用分のポイント還元率も1.5%(1,000円につき15ポイント)貯まります。

ゴールドカードならではのサービス

その他、ゴールドカードならではの特典として、

  • 年間100万円以上の利用でオリジナル特典プレゼント(初年度は全員もらえる)
  • ボーナスポイントあり(年間の利用金額による)
  • 東京駅構内にあるビューゴールドラウンジ無料利用可(条件あり)
  • 空港ラウンジ(国内主要27空港とハワイ・ダニエル・K・イノウエ空港)利用可
  • 会員誌VIEW Premium(年2回発行)
  • ビューゴールドプラスカード、JALカード SuicaCLUB-Aゴールドカード会員限定のプレミアムイベントが年に数回開催
  • 海外・国内旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯)
  • ショッピング保険年間最大300万円(購入日から90日以内、1事故5,000円の自己負担)

など、ゴールドカードらしい特典が満載です。

年間100万円以上でもらえるオリジナル特典について

初年度は全員もれなく、2年目以降は前年度のカード利用実績100万円以上でオリジナル特典がもらえます。

具体的な内容は、

  1. 新幹線・在来線特急グリーン車利用券&普通車グリーン車利用券各2枚ずつ
  2. 普通車グリーン車利用券10枚
  3. 普通車グリーン車利用券6枚&JR東日本新幹線車内販売コーヒー無料券7枚
  4. 東京ステーションホテルスイーツセットペア利用券
  5. 紀ノ国屋特選デリカテッセン(ハム・ソーセージ・ベーコン)詰め合わせセット
  6. JR東日本東北総合サービス復興応援ギフト
  7. ベックスコーヒー&ベッカーズコーヒーチケット25枚
  8. ジェクサー・フィットネスクラブ施設ご利用券2枚(フェイスタオルなどレンタル6点セット付き)
  9. ビューゴールドラウンジ利用券3枚

上記の9つのコースから1つ選ぶことができます。

通勤で首都圏の湘南新宿ラインなど、グリーン車を連結している路線のJRを利用している方は、普通車グリーン車利用券10枚プレゼントなどは助かりますし、年に数回、北海道・東北地方へ新幹線で出かける機会がある方には、新幹線・在来線特急グリーン車利用券&普通車グリーン車利用券各2枚ずつプレゼントが最もコストパフォーマンスに優れる特典となります。

旅行保険とカードの一体化

また、ビューゴールドプラスカードの大きな特徴として、

  1. クレジットカード機能
  2. Suica機能
  3. REポイントカード機能
  4. 定期券

の4つの機能を1枚にまとめる(カード裏面に記載される)ことが可能です。

また、付帯保険サービスにおいても、海外国内旅行傷害保険が最高5,000万円自動付帯というのは、大きなメリットです。
一般的なゴールドカードにおいても、国内旅行傷害保険はだいた利用付帯であることが多いので、JR東日本らしい点でメリットの一つですね。

ノーマルカードとの違い

次に一般カードのビューカードとビューゴールドプラスカードの違いについてみてみましょう。

ビュー・スイカビューゴールドプラス
年会費477円(税別)10,000円(税別)
家族カード年会費477円(税別)1枚目無料
ETCカード年会費477円(税別)無料
国際ブランドMASTER・VISA・JCBJCB
海外旅行保険死亡・後遺障害500万円5,000万円
傷害治療50万円100万円
疾病治療50万円100万円
救援者費用100万円
賠償費用3,000万円
携行品損害20万円
国内旅行保険死亡・後遺障害1,000万円5,000万円
入院3,000円/日5,000円/日
通院2,000円/日3,000円/日
年間ボーナス最大2,500ポイント最大4,000ポイント

 

年間ボーナスポイントの制度について

下図のように、年間のカード利用金額によって、利用金額が多ければ多いほどボーナスポイントも2次曲線のように大きくアップしていくというプログラムとなります。

70万円ちょうどの利用金額でのボーナスポイント分を含めた還元率は0.71%、年間200万円ちょうどの利用金額のボーナスポイント分を含めた還元率は1.03%となり、まずまずの水準となります。

ただし、このビューゴールドボーナスにカウントされるカード利用の対象商品・サービスは、公共料金、携帯電話料金、食事、ショッピングなどで、Suicaチャージや定期券等の「VIEWプラス」対象商品、年会費やキャッシングでの利用等は対象外です。

メリット

・1枚目の家族カードとETCカードの年会費が無料
・東京駅構内にあるビューゴールドラウンジが利用可能
・空港ラウンジサービスあり
・海外・国内旅行傷害保険が自動付帯
・定期券と一体化が可能
・比較的ハードルが低い達成条件で、オリジナル特典とボーナスポイントがダブルで獲得できる
・JR東海のエクスプレス予約に加入できる
※別途年会費1,080円とおサイフケータイ機能付きのAndroidスマホかiPhone7以降のiPhoneが必要

デメリット

・年会費が高額
・東京駅構内のビューゴールドラウンジが利用できるが、当日の新幹線・在来線特急のグリーン券が必須
・ゴールドカードにしては付帯保険の補償額が低い
・ポイント還元率が低い(0.5%、ボーナスポイントを最大獲得しても1.0%強)
・JREポイント加盟店での1.5%、定期券等のポイント3倍特典は、一般カードでも受けることができる

 まとめ

JR東日本グループが満を持して登場させたビューゴールドプラスカード。
一番のウリである東京駅のビューゴールドラウンジの利用条件が、ビューゴールドプラスカードに加えて当日の新幹線・在来線特急のグリーン券まで求められている点が、かなり残念な印象です。

特に一番新しく登場したJREカードの出来が良すぎるだけに、ビューゴールドプラスカードとの差がビューゴールドラウンジ、オリジナル特典、ボーナスポイント、付帯保険の補償額のアップくらいしかありません。

前述のとおり、付帯保険の補償額も内容が弱く、死亡補償の最高額5,000万円はともかくとして、年会費無料のエポスカードのほうが良い項目(ビューゴールドプラスカードは、海外国内旅行傷害保険の傷害治療・疾病治療が最高100万円しかない。一方年会費無料のエポスカードは傷害治療200万円、疾病治療270万円など)が散見されます。

通勤でJR東日本、しかも湘南新宿ラインなどのグリーン車が連結されている車両の路線を利用し、国内出張でJR東日本・北海道・東海・西日本の新幹線をよく利用し、さらに定期券はもちろん日用品などの買い物や食事での支払いでSuicaをよく利用するといった方であれば、ビューゴールドプラスカードを充分活用できるでしょう。

しかし、大半の方には、ビューゴールドプラスカードまでの必要性はあまりなく、一般カードのJREカードで十分となる可能性が高いと思われます。

 



ApplePayバナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ