アメックス・スカイトラベラーカードがあればマイルは貯まる!メリットデメリットまとめ

マイルで差が付く2人のイラストアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、俗に「陸マイラー」と呼ばれる航空券以外でマイルを貯める人を対象にするのではなく、航空券でマイルを貯める人を対象にしたカードです。

100円で1ポイント、更に1ポイント1マイルと言う「交換レート」は、アメックスの流儀に乗っ取った適正レートと言っていいでしょう。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードとは

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードイメージ

年会費10,000円(税抜き)還元率1%
電子
マネー
QUICPayポイントポイント

即日
発行
年会費
無料
マイルが
貯まる
ラウンジ
利用可
Apple Pay旅行
保険
  • マイル還元率1.5%&有効期限は無期限なので無理に使う必要はない。
  • 貯まったポイントは、提携航空パートナー15社のマイレージプログラムに移行可能。
  • 入会時にもれなく3,000ボーナスポイントがもらえる。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、海外出張などが多く航空券の購入が多い人を対象にしたクレジットカードです。
ANAなどの世界中に広がる15社のマイルに交換可能なので、自分がよく利用する航空会社のマイレージプログラムにポイントを移行することができます。

また、アメックスのポイントなので、必ずしもマイルへの交換が義務付けられているわけではなく他の商品への交換も可能です。
旅行傷害保険の限度額が3千万か5千万か、更に航空券購入のポイント加算率が3倍か5倍かで2種類のカードが準備されています。

年会費は1万円と3万5千円と3倍以上の違いがありますが、航空券購入額が多い人であれば年会費が高いプレミアカードを検討する価値があるかもしれません。

アメックスの利用できる店舗は少なめですが、大手通販や百貨店などでは使えますから、さほど利用について心配する必要はないでしょう。

アメックス・スカイトラベラーのポイント還元率について

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、100円の利用で1マイル貯まります。
1マイルの価値を1.5円と考えると、還元率は1.5%です!

財津
1.5円!
てことはかなり還元率高いですねー

西園寺
そうなの。
このカードはマイルで使うならかなりお得になるのよ!
毎日、コンビニで購入するコーヒーやランチの代金もマイルに変わっていくのを想像してみて。

財津
コーヒーが飛んでるように見えます・・・!

西園寺
そ、そうだよね・・・

また、航空券の購入をすると3倍、又は5倍のポイントが貯まります。

アメックスはポイントで利用代金の支払が可能であり、事実上のキャッシュバックとなっていますが、この際は1ポイント0.3円で換算されます。
つまり、還元率0.3%ですが、航空券購入であれば一般カードは0.9%、プレミアカードであれば1.5%になります。

アメックスのポイント還元率は、平均的なクレジットカードの還元率と言われる0.5%を下回っていますが、航空券購入であれば、かなりの高還元率カードだと言えるのではないでしょうか。

この手のカードは、航空会社のマイルに交換するものだと思われがちですが、ANAのマイレージに移行する場合はポイント移行の参加登録費として年間5,400円が必要です。

アメックス・スカイトラベラーのメリット

✓アメックス・スカイトラベラーはここが違う
  • 提携15者にマイル移行可能
  • マイル付与率1.0%
  • 飛行機に乗ることが多いなら最強カードの1枚

>>アメックス・スカイトラベラーを検討してみる
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードで航空券を購入すると、ポイント還元率が著しく上がります。

アメックスのポイント還元率は低いと言われていますが、通常のアメックスホルダーはポイント還元率を気にしていないでしょうから、大きな問題とは言えません。

しかし、海外出張が多い人にとっては出費の大きな部分を占める航空券で何かメリットはないかと考える人はいるはずです。
そんな人にとって、このカードは非常にメリットが大きなカードだと言えるのではないでしょうか。

ポイントをANAのマイレージに移行するのであれば、1年に5千円の移行登録料が必要ですが、移行しない人ならば無用です。
航空券購入時のキャッシュバック率が高めなので、十分メリットはあると言っていいでしょう。
ANAのマイレージに移行するのであれば、移行手数料は必要ですが、獲得できるポイントがかなりの量になりますから、支払うだけのメリットがあると言えそうです。

また、ポイント自体の有効期限がありませんから、目いっぱい貯めて遠方への出張の際にビジネスクラスを利用することもできます。

また、日本では利用できる店舗が少なめであるアメックスですが、海外ではVISAやMASTERに負けていません。
海外出張が多い人にとって非常にメリットがあるクレジットカードだと言えます。

さらに、入会時にクラシックカード3,000ポイント・プレミアカード5,000ポイントのプレゼントがあるのもメリットと言えるのではないでしょうか。

デメリット

マイルの移行先にJALが含まれてないので、JALユーザーにはかなりデメリットです。
グリーンカードに比べれば年会費は安いですが、ポイントをANAのマイレージに移行させたければ1年に5千円の移行登録料が必要です。

また、アメックスグリーンなどの他アメックスプロパーカードと2枚持ちができません。
他のアメックスに比べるとサービス内容が見劣りする部分があるので、スカイトラベラーを持つかは判断が難しいところです。
対象ユーザーは限定されていると言えるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは2種類のカードがある

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードには、一般カードとプレミアカードの2種類があります。
年会費が1万円と3万5千円とかなり差があるため、どちらにするか迷うところです。
アメックスの基本カードとしてアメックスグリーンカードとアメックスゴールドカードとがあり、年会費は1万2千円と2万9千円という差がありますが、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードほどの差はありません。

しかし、グリーンカードとゴールドカードではサービス内容にかなり差があり、グリーンカードを申し込むくらいなら、最初からゴールドカードを申し込んだ方がメリットはあると言えるほどです。
特に国内での利用を考えるのであれば、ゴールドカードには「ゴールド・ダイニング by 招待日和」や「京都観光ラウンジ」のように実用的なメリットが満載です。

これに対し、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのアメックススカイトラベラーとアメックススカイトラベラープレミアにはそれほど目立った差はありません。
大きな差は、先ほど述べた航空券購入時のポイントアップ率と、旅行傷害保険やショッピングプロテクションの最高額が違う程度です。

航空券を多く買う人でなければプレミアカードを選択する価値はないと言っていいのではないでしょうか。

まとめ

先ほど述べた通り、このクレジットカードは対象ユーザーをかなり選びます。
航空券を買わなければ、アメックスなのでポイント還元率が低いカードに過ぎません。

アメックスに比べてサービスが劣るため、アメックスとしてのメリットを受ける機会も少なくなります。
航空券を多く購入するユーザーがポイント還元率を上げることを目指すか、マイレージポイントのかさ上げを狙うかの2者択一と言えるカードです。

プレミアカードを選択する価値はあるのか

このカードで悩むのは、一般カードとプレミアカードの選択です。
年会費が税抜3万5千円、税込みベースで2万7千円の差が生じます。

航空券を購入した際のポイント還元率が0.6%違うため逆算すると、年間450万円以上の航空券を購入する人ならば、プレミアカードを選択する価値があるのではないでしょうか。

1か月40万円程度の利用になりますが、北米線をビジネスクラスで月に1往復以上する人が対象になると言っていいでしょう。
国内線利用者が1か月40万円も航空券を購入することは少ないでしょうから、一般カードで十分だと思われます。

特典航空券に交換すると割がいいのか?

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードで特典航空券と交換するメリットはあるのでしょうか。

ANAを例にとって考えてみましょう。
このカードを利用する人の多くは北米線利用者だと思われます。

ANAの特典航空券でニューヨーク線を利用する場合、時期によりますが7万5千から9万マイルが必要です。
レギュラーシーズンに必要とされる8万5千マイルを航空券購入で貯めようとすると、プレミアムカードであれば170万円、一般カードなら290万円程度の利用が必要になります。

現在ANAのWEBで紹介されている北米線のビジネスクラスの運賃は最低40万円程度です。
ポイント還元率は23.5%です…

比較対象としては適切ではないかもしれませんが、40万円で売っている航空券と同じサービスを170万円の航空券購入によるポイントでゲットできることに間違いはないでしょう。

現実的にどうかと言われるかもしれませんが、北米線のファーストクラスはレギュラーシーズンの特典航空券を15万マイルで交換できます。
アメックスは100円で1ポイントなので1500万円の買い物が必要ですが、プレミアカードなら300万円の航空券購入で15万ポイントをゲットできる計算です。

ポイントの有効期限はありませんから、一概に不可能と言える話ではないでしょうが、ANAは北米線のファーストクラス運賃を最低110万円程度で提供しています。
この場合のポイント還元率は36.6%です・・・

使うべき人が使えば、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードはとんでもないポテンシャルを秘めていると言えるのではないでしょうか。

そもそもこのカードを選ぶ意味があるのか?

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの「ウリ」の一つに、航空券を購入する際にポイントが高くなる点が挙げられます。

しかし、航空券を購入する際にANAやJALから直絶購入している人は多くないはずです。
ある程度の出張予定が立っている人であれば、格安チケットを探しているのではないでしょうか。

このようなチケット店ではクレジットカードを利用することはできますが、価格表示は現金支払を前提としているので、クレジットカード決済の場合は手数料が必要です。
手数料率は店舗によって違いはありますが、3%程度の手数料を徴収するケースもあります。

これほどの手数料を徴収されると、航空券購入でポイントを割増でもらっても意味がありません。
そう考えると、あまりこのカードを選ぶ意味はないという事ができそうです。

しかし、このカードのもう一つの「ウリ」は海外の15航空会社へマイレージの移行ができる点が挙げられます。
ANAの場合は年間5千円ですが、海外の航空会社もある程度の手数料は徴収するのでしょう。

各航空会社で提携しているクレジットカードがマチマチなのに対し、このカードがあれば、一枚でどの航空会社へもマイルを移行できるメリットは大きいです。

海外出張の多い人の中には、多くの国へ渡航している人もいます。
このような方は、必ずしも一つの航空会社を利用しているわけではありません。

自分の利用する都合がある航空会社にマイルを移行して特典航空券をゲットするという離れ業が可能です。
このような融通が利くクレジットカードは他にありません。
これこそアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの最大のメリットという事ができるのではないでしょうか。

航空券購入という限られた目的ではありますが、非常にメリットが多いクレジットカードです。
航空券購入を格安店ですることが常識と考えている人にとって、先ほど述べた驚異のポイント還元率は驚きではないでしょうか。

これは航空会社の特典航空券が、大口利用者に対するサービスとしての位置づけで設定されているのに対し、航空会社が利用者拡大のために大盤振る舞いをした結果と言えます。

このような事態がいつまで継続するかわかりませんが、ポイント交換による錬金術のような効果が得られるアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは要チェックと言えるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードイメージ

年会費10,000円(税抜き)還元率1%
電子
マネー
ポイントポイント

即日
発行
年会費
無料
マイルが
貯まる
ラウンジ
利用可
Apple Pay旅行
保険
  • マイル還元率1.5%&有効期限は無期限なので無理に使う必要はない。
  • 貯まったポイントは、提携航空パートナー15社のマイレージプログラムに移行可能。
  • 入会時にもれなく3,000ボーナスポイントがもらえる。



ApplePayバナー

サブコンテンツ

このページの先頭へ