一番安い格安SIMはどれ?【2019年版】データ通信、通話別で比較

数年前は、ガジェット(スマホなどの電子機器)に詳しい人しか使っていない印象だった格安SIMですが、2017年から格安SIM業者が増え、テレビCMも多数放映され、ずいぶん身近になったこともあり、ガジェットに詳しくない普通の主婦でも今は格安SIMに変更する人が増えています。
ちょっとややこしいことをしてでも、ドコモなどに比べたら格段に安くなるため、大幅な節約となりますよ。

しかし、格安SIM業者が増えすぎて「どれを選んでいいかわからない」という方も多いですよね。

そこで、2019年の今、オススメする格安SIM業者をまとめました。

格安SIMの選び方

基本的なプランは、

      1. 音声通話付きプラン
      2. データ通信プラン

の2種類です。

1.音声通話付きプラン

音声通話付きプランは、080・090などから始まる電話番号を持つことができます。
今までドコモなどで使っていた電話番号をそのまま引き継ぐ(MNP:モバイルナンバーポータビリティ)こともできるため、今までと同じような感じでスマホを使い方にはこちらがオススメです。

2.データ通信プラン

データ通信プランは、電話番号がないプランです。
電話はしない(アプリ電話のみ使う)という方はこちらのほうが月々700円ほど安くなります。

容量

1GBから大容量プランまで、各社で幅広い容量プランがありますが、ほとんどの人が月に3GBも使わないようです。
ですので、まずは3GBまでの容量で比較し、一番安いSIMを見ていきましょう。

一番安いデータSIM

1GB2GB3GB
nuroモバイルなし700円なし
DMMモバイル480円770円850円
ロケットモバイル590円690円840円
イオンモバイル480円780円なし
LINEモバイル500円なし1,110円
楽天モバイルなしなし900円
IIJmioなしなし900円

3GBまでで見ると、ロケットモバイル、DMMモバイルが安いようですね。
個人的に、LINEモバイルのLINEフリープランもいいかなと思います。

LINEモバイルのLINEフリープラン

月額620円で、データ容量1GBの利用ができ、LINEアプリの通話・トークがデータ消費ゼロで使えます。
LINEの利用が主な目的であれば、LINEモバイルのこのプランはおすすめです。
>>LINEモバイル公式ページを見てみる

一番安い音声SIM比較

1GB2GB3GB
nuroモバイルなし1,400円なし
DMMモバイル1,260円1,380円1,500円
ロケットモバイル1,250円1,300円1,400円
イオンモバイル1,280円1,380円なし
LINEモバイル1,200円なし1,690円
楽天モバイルなしなし1,600円
IIJmioなしなし1,600円

音声SIM1GBではLINEモバイルが一番安いようですね。
またロケットモバイルには、低速モードのみで利用する、月額948円の神プランがあります。
外でネットをあまり使わないので、通信速度は遅くてもいいという方は、ロケットモバイルの神プランがおすすめです。
>>ロケットモバイルの申込みページに進んでみる

一番安いSIMの総合ランキング

その他、各社オプションをたくさん用意しているので、スマホの使い方(通話はほとんどしない、長電話が多い、動画をよくみるなど)によってオススメするものが違います。
プランだけでなく、特長(オプション)もよくチェックしてくださいね。

1.LINEモバイル

LINEモバイルは、月額1200円で利用でき、LINEをメインに利用する方にも最も安く使えるSIMです。
またLINE、Twitter、Facebook、Instagramが基本料金内で利用できるコミュニケーションフリープランもあります。

LINEモバイルの特徴の一つに、LINEアプリの年齢認証に対応しているという点もあります。
※他社の格安SIMではワイモバイルのみ可能です(ワイモバイルは立ち位置的に格安SIMとキャリアとの間なので)

LINEモバイルのプランはシンプルに3つだけですが、他社とは違うスタイルで、データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)カウントフリー対象サービスの通信速度は落ちません。

  1. LINEフリープラン…LINEアプリの通話・トークがデータ消費ゼロ
  2. コミュニケーションフリープラン…主要SNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)がデータ消費ゼロ
  3. ミュージック+プラン…LINE MUSICと、主要SNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)がデータ消費ゼロ

主要SNSのデータ消費量が無料だと、月々のデータ消費量をずいぶん抑えることができますよね。

今なら月額300円キャンペーン実施中!
>>LINEモバイルの申し込みに進む

LINEモバイルの音声通話付きプラン

プランデータ容量月額料金通信回線
LINEフリー1GB1,200円ドコモ
コミュニケーションフリー3GB1,690円
5GB2,200円
7GB2,880円
10GB3,220円
MUSIC+プラス3GB2,390円
5GB2,720円
7GB3,280円
10GB3,520円

LINEモバイルのデータ通信プラン

プランデータ容量月額料金通信回線
LINEフリー
(SMS機能なし)
1GB500円ドコモ
LINEフリー1GB620円
コミュニケーションフリー3GB1,110円
5GB1,640円
7GB2,300円
10GB2,640円
MUSIC+プラス3GB2,390円
5GB2,720円
7GB3,280円
10GB3,520円

LINEモバイルのオプション

オプション月額内容
10分電話かけ放題880円通話アプリ「いつでも電話」を利用すると10分以内の通話がかけ放題
留守番電話300円留守番電話サービス
割込通話200円キャッチホンサービス
転送電話無料※通話料は別途必要
端末保証450円※契約時にのみ加入可能
持込端末保証500円
LINE MUSICオプション750円音楽聴き放題サービス「LINE MUSIC」(月額889円)が少しお得に
※LINEフリープラン(月額500円)は対象外

LINEをよく使う方や、スマホを主にSNS利用として使う方は、LINEモバイルがオススメです。

2.ロケットモバイル

ロケットモバイルは他とは少し違った特色のあるSIMです。

中でもデータ通信プランの最安値がなんと298円というから驚きですよね。
これは、速度は遅いですが使い放題のプランです。
(月額298円の神プラン・スーパー神プランは回線速度が200kbpsです。通常のデータ容量別プランは、下り225Mbps・上り50Mbps)

ロケットモバイルの音声通話付きプラン

プランデータ容量月額料金通信回線
神プラン948円ドコモ
データ容量別1GB1,250円
2GB1,300円
3GB1,400円
5GB1,800円
7GB2,400円
20GB4,670円

ロケットモバイルのデータ通信プラン

プランデータ容量月額料金通信回線
神プラン298円ドコモ
398円ソフトバンク
データ容量別1GB590円ドコモ
790円ソフトバンク
2GB690円ドコモ
3GB840円
5GB1,200円
7GB1,850円
20GB3,950円ドコモ
4,100円ソフトバンク

ロケットモバイルのオプション

ロケットモバイルは、シンプルなプラン設定で音声通話のオプションサービスなどはありません。
しかし、他にはあまりみないポイントサービス「ロケモバポイント」があり、アンケートに答えたり、アプリをダウンロードしたりすることでポイントを貯め、それを毎月の通信費に充当することができます。

3.nuroモバイル

月額1,400円で音声通話プランが使えるnuroモバイルです。

nuroモバイルには、ドコモ回線、ソフトバンク回線の両キャリアに対応したプランがありますが、ソフトバンク回線は2種類からしか選べない上に割高なので、SIMロック解除済の端末や、SIMフリー端末を持っている方は断然ドコモ回線がオススメです

nuroオリジナルプランとして、1日に使う時間を決めてしまうとその時間はLTE回線が使い放題となるプランなどがあります(ドコモ回線専用)。
2018.10のプラン改変で、ドコモ回線のメリットだった「プランが細かくわかれている」や、「時間帯プラン」などがなくなりました。

nuroモバイルの音声通話付きプラン

データ容量月額料通信回線
0.2GB1,000円ドコモ
1,200円ソフトバンク
2GB1,400円ドコモ
1,680円ソフトバンク
7GB2,200円ドコモ
3,000円ソフトバンク
13GB3,400円ドコモ
3,680円ソフトバンク

nuroモバイルのデータ通信プラン

データ容量月額料通信回線
0.2GB300円ドコモ
500円ソフトバンク
2GB700円ドコモ
980円ソフトバンク
7GB1,500円ドコモ
2,300円ソフトバンク
13GB2,700円ドコモ
2,980円ソフトバンク

nuroモバイルのオプション

オプション月額内容
nuroモバイルでんわ無料無料の専用アプリでの通話で通話料が半額!(30秒20円⇒30秒10円に)
10分かけ放題オプション800円専用アプリからの10分以内の通話なら何度かけても無料
データ前借申込無料通信料が足りなくなったら翌月分からデータを前借りできる
容量チャージ1GB
(ドコモ回線)
600円通信料が足りなくなった場合に追加購入できる
容量チャージ1GB
(ソフトバンク回線)
900円
パケットギフト申込無料ドコモ回線で容量プラン同士、ソフトバンク回線同士であれば、その月に余る予定のパケットをプレゼントすることができる
端末補償500円nuroで買った端末でもそうでなくても、修理補償あり(実費負担金あり)

その他、訪問サポートや遠隔サポート(どちらも有料)などもあるので、初めてで不安な方にもオススメです。

4.DMMモバイル

DMMモバイルの特徴は、シェアコースがあることです。
家族3人でそれぞれスマホ(音声通話付きプラン)を使う場合、月額4,080円で1人約2.6GB(3人で158GB)、つまり1人1カ月1,360円とかなりお得になります。

DMMモバイルの音声通話付きプラン

プランデータ容量月額料金通信回線
シングルコースライトプラン
(最大速度200kbps)
1,140円ドコモ
1GB1,260円
2GB1,380円
3GB1,500円
5GB1,910円
7GB2,560円
8GB2,680円
10GB2,890円
15GB3,980円
20GB4,680円
シェアコース
(通話対応SIM最大3枚)
8GB4,080円
10GB4,290円
15GB5,380円
20GB6,080円

DMMモバイルのデータ通信プラン

プランデータ容量月額料金通信回線
シングルコースライトプラン
(最大速度200kbps)
440円ドコモ
1GB480円
2GB770円
3GB850円
5GB1,210円
7GB1,860円
8GB1,980円
10GB2,190円
15GB3,280円
20GB3,980円
シェアコース
(データSIM最大3枚)
8GB1,980円
10GB2,190円
15GB3,280円
20GB3,980円

DMMモバイルのオプション

オプション月額内容
10分かけ放題850円10分以内の国内通話が回数無制限でかけ放題
SNSフリー250円LINE, Facebook, Twitter, InstagramなどのSNSが高速データ通信量の消費無しで使える
追加チャージ100MB200円データ通信料が足りなくなった場合に追加購入できる
追加チャージ500MB600円
追加チャージ1000MB1,100円
追加チャージ1000MB
(繰り越しなし)
480円
スマート留守電290円留守番電話のメッセージを読める、聞ける
SMS150円ショートメッセージを送れる・受け取れる

他にも、セキュリティや端末交換オプションなどがあります。

5.イオンモバイル

イオンの格安SIMは、多彩なオプション設定と、通信回線がdocomoとauどちらもあるのが特徴です。
また、最大50GB/月のプランや、5枚まで追加料金なしでSIMが追加できるシェアプランがあるので、家族全員でまとめるとかなりお得に利用できます。
それを見込んでか、子供のためのオプションがあるのもうれしいポイントです。

イオンモバイルの音声通話付きプラン

プランデータ容量月額料金通信回線
音声プラン500MB1,130円ドコモ・au
1GB1,280円
2GB1,380円
4GB1,580円
6GB1,980円
8GB2,680円
12GB3,280円
20GB4,680円
30GB6,080円
40GB7,980円
50GB10,800円
シェア音声プラン4GB1,780円
6GB2,280円
8GB2,980円
12GB3,580円
20GB4,980円
30GB6,380円
40GB8,280円
50GB11,100円

※シェア音声プランはSIMカード最大5枚まで持つことが出来ます(4枚目以降の追加は、1枚につき200円/月)

イオンモバイルのデータ通信プラン

プランデータ容量月額料金通信回線
データ容量1GB480円ドコモ・au
2GB780円
4GB980円
6GB1,480円
8GB1,980円
12GB2,680円
20GB3,980円
30GB5,380円
40GB7,480円
50GB10,300円

イオンモバイルのオプション

オプション月額
(docomo回線)
月額
(au回線)
内容
イオン安心パック700円600円セキュリティや保証がセットになったサービス
イオンでんわ無料イオンモバイルアプリを利用すると国内通話が10円/30秒
イオンでんわ10分かけ放題850円イオンモバイルアプリを利用すると10分以内の通話がかけ放題
子どもパック150円子供がスマホを安全に使えるためのアプリと学習アプリがセットになったもの
アプリ超ホーダイ360円100以上の有料アプリが使い放題
スマート留守電290円高機能留守番電話サービス
割り込み電話着信200円キャッチホンサービス
データ容量追加480円/1GBデータ容量が足りなくなったら追加可能(繰り越し不可)

他にもオプションがあり、中にはdocomo回線とau回線で料金が異なるものがありました。

6.楽天モバイル

楽天モバイルの特徴は、すべてを楽天でまとめるといろいろお得になることです。
楽天ショッピングでも楽天モバイル契約者はポイントを多くもらえますし、2018年に新しくできたプラン「スーパーホーダイ」では、楽天会員(無料)ですと最初の1年が1,000円も安く利用できます。

楽天のデメリットは「ややこしい」ことだと思います。
楽天ショッピングのポイント制度にしろ、基本的にすべてがちょっとわかりにくいですよね。

しかし、

  • 楽天ショッピング
  • 楽天クレジットカード(1%のポイント還元)
  • 楽天モバイル

など、すべてを楽天にまとめてうまく利用すれば、通常の生活をしているだけなのに、年間に20万円以上ポイントが入る人もいるようですよ。

楽天モバイルでオススメするプランは、なんといってもスーパーホーダイです。

スーパーホーダイ(音声通話付きプラン)

スーパーホーダイは、

  • 通信速度最大1Mbps
  • 国内通話5分かけ放題

がセットになったプランです。

通常のプランだと、オプションで月額850円必要な楽天でんわ5分かけ放題が無料なのがポイントです。
ちょっとお店の予約をしたり、簡単な連絡事項を伝えるだけなら5分あれば充分だと思います。

さらに、余ったデータ通信料は翌月に繰り越しができ、毎月1,480円~です。

プラン名基本料金最低利用期間楽天会員楽天会員でない方
プランS/2GB2,980円3年長期割1,480円1,980円
2年長期割1,980円2,480円
1年2,480円2,980円
プランM/6GB3,980円3年長期割2,480円2,980円
2年長期割2,980円3,480円
1年3,480円3,980円
プランL/14GB5,980円3年長期割4,480円4,980円
2年長期割4,980円5,480円
1年5,480円5,980円
プランLL/24GB6,980円3年長期割5,480円5,980円
2年長期割5,980円6,480円
1年6,480円6,980円

回線はドコモ回線です。

楽天会員は、会員登録だけなら無料なので楽天モバイルに入るのであれば登録しておきましょう。
また、長期契約すると割引率が上がりますが、途中解約すると違約金が発生するのでよく考えてから契約したほうがいいでしょう。

通常のプラン(組み合わせプラン)

組み合わせプランであれば、データSIM(ドコモ回線のみ)、音声通話付きSIM(ドコモ・au回線)から選べます。

データ容量音声通話付きプランデータ通信プラン
ベーシックプラン1,250円525円
3.1GBプラン1,600円900円
5GBプラン2,150円1,450円
10GBプラン2,960円2,260円
20GBプラン4,750円4,050円
30GBプラン6,150円5,450円

※ベーシックプラン:最大200kbpsで通信ができるプラン

楽天モバイルのオプション

オプション月額内容
楽天でんわ5分かけ放題850円楽天電話プリを利用した5分以内の通話が何度でも無料
スマート留守電290円音声を文字に変換し伝言メッセージを読んで聞けるサービス
留守番電話サービス300円留守番電話サービス
キャッチホンサービス200円キャッチホンサービス
転送電話サービス無料転送電話サービス
データシェア100円楽天モバイル契約者同士であればデータ通信料の前月繰り越し分を翌月に分けあえる
容量追加パック
100MB
300円追加チャージ可能(購入翌月から3ヶ月間繰り越せる)
容量追加パック
500MB
550円
容量追加パック
1GB
980円

楽天モバイルは安価で使いやすいのですが、プランがややこしいだけでなく、プランの変更・サービスの終了が多く、あまり何度もプランを見直したくない方にはあまりオススメしません。



サブコンテンツ

このページの先頭へ