アメックスの入会キャンペーン2019

最近では、クレジットカードを1枚も持っていない人の方が少なくなってきました。
年会費無料でポイントがたくさん貯まるカードなどが人気です。

しかしそんな中でも、年会費を払ってでも持ちたいカードNo.1なのが、アメックスカードです!
アメックスカードは、ステイタスはもちろん特典も満載で、とくに旅行が好きな方にはマストなカードなんですよ。

年会費が高額だから…と諦めている方も、入会キャンペーンを利用すれば年会費分を補うくらいのポイントバックがあります。
しばらくアメックスカードをメインで使って、年会費分のお得が感じられるかどうか体験してみるのもありかもしれません。

そこで、2019年4月2日までに、ここでご紹介するWebページから申し込んだ人限定の入会特典をまとめました。

アメックスカードの種類

国際マーク(VISA・MASTER・JCBなど)としても有名なアメックスですが、人気なのはアメックスが発行しているカードです。
アメックスが発行しているカードで直接申込みができるのは、

  • アメックス(グリーン)カード:年会費12,000円
  • アメックス・ゴールドカード:年会費29,000円
  • アメックス・プラチナカード:年会費130,000円

の3種類(ビジネスカードを除く)ですが、プラチナカードはいきなり申し込んで審査に通るというのは難しいカードです。

そして、アメックスが管理している提携カードとしては、

  • ANAアメックスカード:年会費7,000円
  • ANAアメックス・ゴールドカード:年会費31,000円
  • ANAアメックス・プレミアムカード:年会費150,000円
  • デルタスカイマイルアメックスカード:年会費12,000円
  • デルタスカイマイルアメックス・ゴールドカード:年会費26,000円
  • アメックス・スカイトラベラーカード:年会費10,000円
  • アメックス・スカイトラベラープレミアカード:年会費35,000円
  • ペルソナSTACIAアメックスカード:年会費14,000円
  • スターウッドプリファードゲストアメックスカード:年会費31,000円

の9種類あります。
それでは、それぞれの入会キャンペーンでもらえるポイントを比べてみましょう。

アメックスカードの入会キャンペーン

アメックス・グリーンカードのキャンペーン

アメリカン・エキスプレスカードイメージ
年会費12,000円(税抜)還元率0.5%
電子 マネー-ポイントポイント
即日 発行年会費 無料マイルが 貯まる
ラウンジ 利用可Apple Pay旅行 保険
  • 券面の兵士がクールな魅力!
  • マイルを貯めるカードとしても定評あり!
  •   
  • 最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯なので出張ビジネスマンには必携

アメックス・グリーンカードの場合、

  • 入会後3ヶ月以内にカードを3回以上使う:3,000ポイント
    ※1回1,000円以上のカード決済
  • 入会後3ヶ月以内にカードで20万円以上使う:4,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内にカードで50万円以上使う:6,000ポイント

合計13,000ポイント(カード利用130万円相当)がボーナスポイントとして貰えます。

アメックス・ゴールドカードのキャンペーン

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードイメージ
年会費29,000円(税抜)還元率1%
電子 マネー-ポイントポイント
即日 発行年会費 無料マイルが 貯まる
ラウンジ 利用可Apple Pay旅行 保険
  • 入会後のカード利用で33000ポイントを獲得できるチャンス!
  • 国内外850ケ所以上の空港VIPラウンジで待ち時間も快適に過ごせる
  • アメックス・ゴールドカードのステータス性は特別!

アメックス・ゴールドカードの場合、

  • 入会後3ヶ月以内にカードを3回以上使う:3,000ポイント
    ※1回1,000円以上のカード決済
  • 入会後3ヶ月以内にカードで30万円以上使う:6,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内にカードで60万円以上使う:18,000ポイント

合計27,000ポイント(カード利用270万円相当)がボーナスポイントとして貰えます。

アメックスプロパーカードの比較

年会費貯まるボーナスポイント
アメックス・グリーン12,000円13,000ポイント
※3ヶ月以内に3回以上・50万円以上カード利用
アメックス・ゴールド29,000円27,000ポイント
※3ヶ月以内に3回以上・60万円以上カード利用

貯まるポイントは、メンバーシップ・リワードポイントで、マイルなどに交換できます。
ただ、メンバーシップ・リワード・プラス(年会費:3,000円)に入らないと、ポイント還元率は0.5%となってしまいます。

メンバーシップ・リワードポイントをマイルに有効に交換する方法はコチラ

マイルに交換することを考えると、

  • カードの年会費
  • メンバーシップ・リワード・プラス年会費:3,000円
  • (ANAマイレージクラブ参加費:5,000円)

マイレージクラブの参加費も必要なので、すべての会費を入会キャンペーンだけで補うことはできません。

ANAアメックスカードの入会キャンペーン

年会費15万円のアメックスプレミアカードは、入会審査のハードルも高いため今回の比較には入れていません。

ANAアメックスカード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードイメージ

年会費7,000円(税抜)還元率1.5%
※ANAグルプ以外の利用は1%
電子
マネー
ポイントポイント

即日
発行
年会費
無料
マイルが
貯まる
ラウンジ
利用可
Apple Pay旅行
保険
  • ANAマイレージクラブのマイルに1,000ポイント=1,000マイル単位で以降可能。
  • ANAマイレージクラブ提携航空会社を利用するとボーナスマイルも貯まる。
  • 入会時と継続時に1,000ボーナスマイルもらえる。


ANAアメックスカードの場合、

  • 入会特典:1,000ポイント
  • 入会後1ヶ月以内にカードを3回以上使う:1,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内にカードで15万円以上使う:3,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内にカードで60万円以上使う:29,000ポイント

合計34,000ポイント(カード利用340万円相当)がボーナスポイントとして貰えます。

さらに、本カードと同時に家族カードを申し込むと、家族カード年会費:2,500円が初年度無料となります。

ANAアメックス・ゴールドカード

ANAアメックス・ゴールドカードの場合、

  • 入会特典:2,000ポイント
  • 入会後1ヶ月以内にカードを3回以上使う:3,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内にカードで30万円以上使う:7,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内にカードで90万円以上使う:39,000ポイント

合計51,000ポイント(カード利用510万円相当)がボーナスポイントとして貰えます。

さらに、本カードと同時に家族カードを申し込むと、家族カード年会費:15,500円が初年度無料となります。

ANAアメックスカードの比較

年会費貯まるボーナスポイント
ANAアメックスカード7,000円34,000ポイント
※1ヶ月以内に3回以上利用
※3ヶ月以内に60万円以上カード利用
ANAアメックス・ゴールド31,000円51,000ポイント
※1ヶ月以内に3回以上利用
※3ヶ月以内に90万円以上カード利用

貯まるポイントは、メンバーシップ・リワードポイントで、1,000ポイント=1,000ANAマイルに交換できます。

つまり、51,000ポイント=50,000マイルということとなり(40,000マイルでハワイ往復特典航空券に交換可能 ※時期にもよります)、年会費分は余裕で回収できます。

とくに、通常カードは年会費7,000円で34,000マイルとかなりお得ですが、通常カードの場合は、ポイント移行コース(参加費:6,000円)に登録しないとANAマイルへ移行できません。
ANAアメックス・ゴールドカードであればポイントの有効期限もありませんし、ANAグループでのカード利用はポイント2倍にもなります。

デルタスカイマイルアメックスカードの入会キャンペーン

デルタスカイマイルアメックスカードは、期間限定ではない新規入会のキャンペーンが実施中です。

デルタスカイマイルアメックスカード

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードイメージ

年会費12,000円(税抜)還元率1%
電子
マネー
マイルスカイマイル

即日
発行
年会費
無料
マイルが
貯まる
ラウンジ
利用可
Apple Pay旅行
保険
  • 入会・継続ボーナスマイルあり
  • シルバーメダリオンの会員資格がついている
  • 1ランク上のゴールドカードもあり


デルタスカイマイルアメックスカードの場合、

  • 入会特典:5,000マイル
  • 入会後6ヶ月以内に購入航空券でビジネスクラスを利用:25,000マイル
    エコノミーを利用:15,000マイル

合計最大30,000ポイント(カード利用300万円相当)がボーナスマイルとして貰えます。

デルタスカイマイルアメックス・ゴールドカード

デルタスカイマイルアメックス・ゴールドカードの場合、

  • 入会特典:8,000マイル
  • 入会後6ヶ月以内に購入航空券でビジネスクラスを利用:25,000マイル
    エコノミーを利用:18,000マイル

合計33,000ポイント(カード利用330万円相当)がボーナスマイルとして貰えます。

デルタスカイマイルアメックスカードの比較

年会費貯まるボーナスマイル
デルタスカイマイルアメックス・カード12,000円30,000マイル
デルタスカイマイルアメックス・ゴールドカード26,000円33,000マイル

※入会後6ヶ月以内に購入航空券でビジネスクラス利用の場合

デルタスカイマイル アメックスカードは、ポイントではなく直接スカイマイルが貯まります。
そのため、マイルへの移行などのめんどくさい手続きは必要ありません。

入会特典を全部受け取るには、半年以内にビジネスクラスでのフライトが必要ですが、エコノミーでもかなりのマイルを受け取ることができます。

アメックス・スカイトラベラーカードの入会キャンペーン

アメックス・スカイトラベラーカードの入会キャンペーンは期間限定キャンペーンではありません。

アメックス・スカイトラベラーカード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードイメージ
年会費10,000円(税抜)還元率1%
電子 マネー-ポイントポイント
即日 発行年会費 無料マイルが 貯まる
ラウンジ 利用可Apple Pay旅行 保険
  • マイル還元率1.5%&有効期限は無期限なので無理に使う必要はない
  • 貯まったポイントは、提携航空パートナー15社のマイレージプログラムに移行可能
  • 入会時にもれなく3,000ボーナスポイントがもらえる

アメックス・スカイトラベラーカードの場合、

  • 入会特典:3,000ポイント

合計3,000ポイント(カード利用30万円相当)がボーナスポイントとして貰えます。
また、毎年カードを継続する度に、1,000ポイントもらえます。

アメックス・スカイトラベラープレミアカード

アメックス・スカイトラベラープレミアカードの場合、

  • 入会特典:5,000ポイント

合計5,000ポイント(カード利用50万円相当)がボーナスポイントとして貰えます。
また、毎年カードを継続する度に、5,000ポイントもらえます。

アメックス・スカイトラベラーカードの比較

年会費貯まるボーナスポイント
アメックス・スカイトラベラーカード10,000円3,000ポイント
アメックス・スカイトラベラープレミアカード35,000円5,000ポイント

貯まるポイントは、メンバーシップ・リワードポイントで、有効期限はありません。

入会特典だけでなく継続特典もあり、特典を受ける条件はカードを保持し続けることだけなので、面倒な計算は必要ありませんが、残念ながら年会費分を取り戻すほどの特典ではありません。

まとめ

人気のアメックスカードの特典をすべて比較してみると、

年会費貯まるボーナスポイント
アメックス・グリーン12,000円13,000ポイント
※3ヶ月以内に3回以上・50万円以上カード利用
アメックス・ゴールド29,000円27,000ポイント
※3ヶ月以内に3回以上・60万円以上カード利用
ANAアメックスカード7,000円34,000ポイント
※1ヶ月以内に3回以上利用
※3ヶ月以内に60万円以上カード利用
ANAアメックス・ゴールド31,000円51,000ポイント
※1ヶ月以内に3回以上利用
※3ヶ月以内に90万円以上カード利用
デルタスカイマイルアメックス・カード12,000円20,000マイル
※6ヶ月以内に購入航空券を利用
デルタスカイマイルアメックス・ゴールドカード26,000円26,000マイル
※6ヶ月以内に購入航空券を利用
アメックス・スカイトラベラーカード10,000円3,000ポイント
アメックス・スカイトラベラープレミアカード35,000円5,000ポイント

こうしてみてみると、ANAアメックスカードの特典がずば抜けています。
ANAマイルを貯めている方は、間違いなくANAアメックスカードがオススメです。

通常カードの場合は、マイルの交換にポイント移行コースへの参加(参加費6,000円)が必要ですが、それでもお釣りがくるくらいの特典ポイントですものね。
ただ、ANAマイルを集中して貯めたい方は、有効期限もなく、ポイント移行コースへの参加費も必要ないANAアメックス・ゴールドカードのほうが使い勝手がよいでしょう。

そして、

  • いろいろなマイルを貯める・使う
  • アメックスのかっこいい券面のカードがいい!

という方は、やはりアメックス・グリーンかアメックス・ゴールドがオススメです。
入会キャンペーンの条件をしっかりクリアし、もらえるポイントはしっかりもらいましょうね。



サブコンテンツ

このページの先頭へ