おすすめポイント!
  1. 申込から契約まですべてスマホでOK
  2. 24時間・年中無休のフリーダイヤル有り
  3. 主婦でも借り入れ可能
  4. 1万円から借り入れ可能
実質年率限度額審査時間保証人総量規制職場連絡
1.9%~14.95%1万~800万円最短15分無し対象外有り
遅延利率申込資格返済システム来店必要の有無
18.00%(実質年率)20歳~74歳残高スライド方式Web完結も可能

北海道銀行について

北海道銀行は、「道銀」と言ったらこの銀行のことを指すほど北海道内では親しまれています。

規模的には道内2位ですが、北海道で唯一の都銀であった北海道拓殖銀行がライバルの北洋銀行に統合されるまでは、地銀ナンバーワンを誇っていた歴史ある銀行です。
そんな北海道銀行なので、昔から北海道銀行だけで銀行取引をしている人も少なくありません。
北海道銀行をメインバンクとしている人も多いのですが、そのような人に頼りにされる総合金融サービスを提供しています。

サービス、概要

そんな北海道銀行では、「ラピッド」と呼ばれるカードローンを提供しています。
ネットやスマホからでも審査終了まで最短25分と言うハイスピードの審査を実現しており、当然即日融資も可能にしている優れもののカードローンです。

気になる金利は、最高14.95%と大手消費者金融より低く、最低はなんと2%という低金利を実現しています。
最高金利は、他の銀行系カードローンに比べると高めではないかと思われるかもしれません。
しかし、高めの金利は保証料を多く取れることを意味しています。
つまり、通常の銀行系カートローンでは貸付ができない顧客層に対しても貸付可能性を秘めているのです。

また、セブン銀行や他のコンビニATMの利用が可能であり、しかも手数料は無料なので、この点も大手消費者金融より優れていると言えるのではないでしょうか。
必ずしも北海道銀行の口座保有者でなくても利用できる点は、更にありがたい話です。
大手消費者金融のような使い勝手の良さと、銀行系カードローンのサービスの良さの両方を兼ね備えている優秀なカードローンです。

いくらなら借りられるの?

「ラピット」の最高融資限度額は800万円です。

カードローンの金利は、融資限度額と反比例しているため、800万円の融資限度額をゲットすれば2%の最低金利も同時にゲットできるでしょう。
100万円借りても、年間利息は2万円、1か月あたり1,666円という低金利です。
年利18%の大手消費者金融と比べれば、金利は9分の1であり、単なるカードローンの枠組みを超えた使い道の広いカードローンと言えるのではないでしょうか。

もちろん、すべての人が800万円の融資限度額をゲットできるわけではありません。
年収や他の借入などに応じて融資限度額は決まるのですが、審査基準を一部公開している銀行の例を見ると、年収の半分を上限としてカードローンの融資限度額を決めていることが多いようです。
「ラピッド」は、このような基準を公表していませんが、仮にこの規定に当てはめてみると、年収1600万円を超えていれば、最高の待遇でカードローンを利用できる可能性があると言えるでしょう。

10万円借りたいのだけど利息はいくら?

とはいえ、融資限度額も金利も申し込んだ人の審査結果により北海道銀行が決めることです。
人によって金利が違う以上、どの程度の利息になるかを事前に予想することは難しいでしょう。

しかし、最高金利で計算すれば、それ以上の利息支払はあり得ませんから、一つのベンチマークとすることができるのではないでしょうか。
「ラピット」の最高金利は、年利14.95%です。
この金利で10万円借りると、1日の利息は約41円です。
1か月の利息は1,270円程度であり、1週間なら290円弱です。

「ラピット」の返済サイクルは、35日ごとなので一度借りると、約1か月間は借り続けることができます。
言い方を変えれば、10万円借りたら35日間の利息である1,435円を加えてコンビニATMなどで返済すれば完済できるということです。
ボーナス前にどうしても欲しいものがあり、現金支払でなければ買えないような場合には、このような計算が成り立つのではないでしょうか。

もちろん金利が下がれば、利息の金額はもっと低くなります。
約半分の年利7.5%なら利息の金額はほぼ半額になるでしょうし、最低金利の年利2%なら、1か月の金利は約167円と、コンビニで販売しているコーヒー程度の金額に過ぎません。

来店、WEBからどちらがいい?

「ラピット」は、北海道銀行の窓口では申込を受け付けていません。

銀行のカードローンには、窓口での申込ができるケースが多いのですが、日中の銀行窓口にカードローンの申込ができるサラリーマンが申込に行けるとは考えにくいです。
そう考えると、窓口での応対を切り捨てた北海道銀行の判断はさすがと言えます。

「ラピット」の申込方法は、パソコンやスマホなどのネット経由も可能ですし、電話による申込も可能です。
ゆっくりと自宅で時間があるときに申込をしたいという希望があれば、郵送による申し込みもできます。

また、パソコンの操作が苦手だというだけなら、申込書を印刷して記入した上で自宅やコンビニなどのFAXから送信することで申込もできます。
窓口の申込ができないと不安だという人も多いようですが、申込の際に誰か頼りになる人がいないと不安だということであれば、電話による申込をお勧めします。
しかし、ネット経由の申込であっても難しい入力はありませんので、できる限りWEBによる申込をお勧めしたいところです。

申込み方法、審査機関は?

このように「ラピッド」の申込方法は、ネット・電話・FAX・郵送のいずれかになります。
いずれの方法も集中センターで一括処理できるため、審査のスピードが速くなります。
電話の応対は24時間365日体制なので、いつお金が足りないという事になっても借入の申込が可能です。

こんなハイスピードの審査を銀行ができるのかと思われるでしょうが、実際の審査はアコムがしています。
だからこそのハイスピード審査ですが、残念ながら審査基準までアコムと同一ではありません。
先ほど述べた通り、金利に差があると保証料にも差が生じ、審査に当たってリスクが取れなくなります。
つまり万が一に備えた貸倒に対する準備ができなくなるのです。
そのため、アコムよりは審査が厳しくなるのではないかと思われます。

即日キャッシングは可能か?

「ラピッド」は、銀行系カートローンとしては珍しく即日キャッシングを可能としています。
メガバンク系のカードローンは自動契約機を支店ATMに設置しているため、その場でローンカードを発行することで即日融資を可能としています。
しかし「ラピッド」は、来店不要を宣伝文句としているだけあり、契約時に北海道銀行の支店に行く必要もありません。
では、どのようにして即日キャッシングを可能にしているのでしょうか。

「ラピッド」は、銀行系カードローンとしては珍しく、融資資金を他行口座に対しても振込をしています。
そのため、ローンカードが届く前でも、審査に通れば融資が可能です。
自分名義の口座に北海道銀行から融資資金を振り込んでくれるのです。

このようなサービスは消費者金融であれば「当たり前」の事ですが、銀行系カードローンとしては珍しい事です。
銀行融資は慣習上「自行口座に融資資金を振り込む」というルールがあるようで、メガバンク系のカードローンが即日融資ができるとしても、口座所有者に限定される理由です。
しかし、金融機関の融資は、審査に通り契約手続が終わればすぐに可能であり、スピーディーな審査を実現する「ラピッド」であれば、即日キャッシングは十分可能なのです。

自動契約機について

もともと来店不要としていることから、「ラピッド」には自動契約機の必要はありません。
北海道銀行には自動契約機がないので、カードローンの申込に当たっては消費者金融より融通が利かないと思われる人もいるかもしれません。
しかし、ここまでで述べた通り、自動契約機がなくてもスピーディーな審査と即日キャッシングは可能なのです。

まとめ

北海道銀行は、確かに道内の銀行としては北洋銀行に負けています。
しかし、カードローン「ラピッド」の商品性は、他の銀行に比べて十分競争力があります。
北海道銀行に口座を持つ必要がなく、他行口座にも即日キャッシングができるというような銀行系カードローンはほとんどありません。

正に消費者金融並みの性格を持つカードローンなのです。
アコムが審査をしているからできる事かもしれません。
しかし、このようなカードローン商品にゴーサインを出した北海道銀行の首脳部は、顧客利便を優先した営業をしていると分かります。

ただし、「ラピッド」は必ずしも北海道銀行に口座がいらないとはいえ、少しでも有利な条件で契約をしたければ北海道銀行の口座は必須です。
そして、開設した北海道銀行の口座を自分の給与振込口座としたり、クレジットカードの引落銀行として指定したりすることで信用力はさらにアップします。
特に給与振込口座を北海道銀行に指定すると、貸金回収が確実になると判断されますから、信用力のアップは確実です。

口座がいらないからと「ラピッド」を申し込んだという人も多いでしょう。
しかし、申し込み後に北海道銀行に口座を開設し、給与振込口座とし、そして「ラピッド」の返済口座を北海道銀行としてみてください。
そして、利用と返済をしばらく続けた後、コールセンターに電話をして増枠申請をしてみるのです。

これだけのことですが、増枠の審査に通る可能性はグッとアップします。
増枠は金利の低下ももたらしますから、便利な「ラピッド」が更に便利になります。