すぐ借りられるカードローンは何が違う?

最近ではカードローン会社の中には「最短即日融資」を謳っているものも多くありますが、即日融資できるものとできないものでは何が違うのでしょうか。

今すぐ!を可能としているカードローンは、審査が問題なく通ればすぐに融資してもらえることができます。
そのため、至急現金が必要な場合などに大変ありがたい存在です。

なぜ即日融資が可能になるのかというと、

  • ネットだけで申し込みが完了
  • カードを受け取れる方法(無人の自動契約機など)がある
  • カードがなくても指定の銀行口座に振り込んでもらえる

など、即日借入できるよう工夫をこらしてくれているからなんですね。
そのため、提出書類など条件がそろい、審査が通れば比較的すぐに融資を受けることができます。

即日融資について詳しく知りたい方は、こちらのページを参考にしてください。
参考記事:即日でスピードキャッシングする方法教えます!

ただし、即日融資が可能なカードローンの場合、一般的なカードローンよりも比較的上限金額が低く設定されることが多いです。

審査時間とスピード

最短で即日融資が可能となっているカードローンの場合、審査のスピードがとても早く、すぐに審査結果がわかるのが特徴です。
カードローン会社にもよりますが、多くの場合、審査は30分~1時間程度で完了します。
ただし、あくまで”最短”の場合なので申込内容や申込者の属性などによってはそれ以上の時間がかかる可能性もあります。

特にカードローンを申し込む際に、希望借入額を高い金額で設定した場合は審査に時間がかかる傾向にあります。
なるべく早く審査を終わらせたい場合は、低めに申し込むほうがよいでしょう。

さらに注意点として、カードローンの受付時間内だったとしても、銀行振込で融資を受ける場合、銀行の営業時間を過ぎてしまうと審査に通ったとしても入金が反映されるのが、翌営業日以降になってしまうことがあります。
即日融資を希望する場合は、なるべく午前中に申込をするようにしましょう。

即日融資可能なカードローンの選び方

最近では即日融資が可能なカードローンが増えています。

カードローンによっては条件や利用方法も異なってくるため、自分にあっているカードローンを選ぶのが重要なポイントです。

金利

カードローンで借りたお金は利息を上乗せして返済するため、やはり金利は低いほうが返済時の負担が少なくなります。
一般的に、銀行系のカードローンの方が消費者金融カードローンよりも金利が低いことが多いです。

記載されている金利(○%~○%)は、審査結果や利用限度額によって変わってきます。
12%~16%と記載されている場合、12%の金利で借りることができるとは限りません。

提出書類

提出書類もカードローン会社によって若干異なってきます。
身分証明証の写しなどはどの会社も共通して必要となりますが、その他にも収入証明書などが必要になることもあります。

即日融資を希望する場合、書類を揃えるのに時間がかかってしまうこともあるため、必要書類について事前に確認しておきましょう。

利便性

カードローンの場合、専用カードによって提携ATMから借入や返済を行うのが一般的です。
その場合、提携ATMが自宅や職場などの近くにあるかどうかも確認すべきポイントです。

その他、口座振込での融資や自動引落返済の場合や、初回のみ振込融資でそれ以降はATMでの借入などといった場合もありますので、借入や返済をどのように行うかも要確認事項といえます。
また、提携ATMの利用料などもチェックしておくとよいでしょう。

自動契約機の有無

カードローン会社によっては自動契約機が用意されているところもあります。
インターネット等で申し込み・審査を終わらせておけば、自動契約機でスムーズにカードを受け取ることができます。

指定の銀行口座の有無

特に銀行系カードローンによくあるのが、カードローン会社指定の銀行口座をもっていることが即日融資の条件になっているケースです。
指定の銀行口座がなくても申込が可能な場合もありますが、該当する銀行口座があると受付時間が長い、申込時の必要書類が少ないなどのメリットがあるので、普段利用している銀行口座がカードローンに対応している場合はぜひ検討してみてください。

カードローン別の即日融資までの流れ

それでは、即日融資が可能となっている主要なカードローン会社それぞれの申し込みから融資までの流れについて見てみましょう。

アコム

アコムで即日融資を受けるには、

  • 店舗窓口・無人契約機
  • インターネット
  • 電話

での申込となります。

店舗窓口や無人契約機での申込みの場合、必要事項を記入した申込用紙を提出すると、その場で申込から審査、契約、カード発行まで行うことができます。
カードさえ発行できればATMにて借入可能となるので、結果として即日融資が可能です。
なお店舗窓口の営業時間は9:30〜18:00、無人契約機の受付時間は9:00〜21:00となっているので(一部異なる場合あり)、この時間内に契約まで完了できれば即日融資を受けることが出来る。ということですね。

一方、インターネットや電話から申込んだ場合、必要書類を店舗窓口または無人契約機に持参するか、FAXで送付します。
店舗窓口や無人契約機に持参する場合はその場でカードの発行が可能ですし、FAXの場合は平日14時までに必要書類を送付し、アコム側で確認してもらうと、当日中に指定した口座に振り込まれることとなります。(カードは後日郵送されます)

○アコムについて詳しくはコチラ

プロミス

プロミスで即日融資を受けるには、

  • 店舗窓口・自動契約機
  • インターネット

での申し込みとなります。

窓口で申し込む場合、必要書類を持参して自動契約機またはお客さまサービスプラザ(店舗窓口)で手続きを行う場合、その場で申し込みから審査、契約、カード発行まで済ませることができます。
お客さまサービスプラザの受付時間は平日10:00~18:00(店舗により営業時間、休日が異なります)、自動契約機の受付時間は9:00~22:00(一部21時もあります)です。

インターネット経由で申し込む場合は、プロミスのホームページから必要事項を記入して申し込みます。(審査可能時間は9時〜20時)

カンタン入力の場合、画面上で入力した12項目にて一次審査が行われ、問題なく通過すると残りの質問項目について電話で答えることで二次審査を受けることになります。
審査が問題なく完了すると契約に移りますが、この際に来店契約かインターネット契約を選ぶ事ができます。
来店の場合は窓口での申込と同じ手順になりますが、インターネット契約の場合は必要書類を携帯電話のカメラやデジタルカメラで撮影して画像を送付、またはスマートフォンアプリからアップロードすることで契約完了です。
インターネット契約の場合、契約が完了すれば指定口座に入金され後日カードが郵送されますが、即日融資を受ける場合は平日14時までに契約を完了させなければいけません。

なおプロミスの場合は、「カードなし」を選択するとカードを発行せずに融資を受けることができ、この場合、後からカードを発行することも可能です。

○プロミスについて詳しくはこちらからどうぞ即日融資可能のプロミス

SMBCモビット

SMBCモビットで即日融資を希望する場合は、インターネットで申込んだ上で電話で手続きをします。
パソコンまたは携帯電話で、モビットのホームページから申し込みを行うと、画面にフリーダイヤル番号が表示されるので、その番号に電話をし(受付時間は9時〜21時)、審査が完了すると電話で審査結果が連絡され契約手続きとなります。

ローン申込機(受付時間8時〜21時)で契約する場合、近くの申込機でカードが発行できればすぐにATMから借り入れることができます。
ローン契約機を利用しない場合、必要書類を携帯電話カメラやデジタルカメラで撮影しアップロード、またはFAXにてして提出すると、指定した口座に振り込まれます。

なお、三井住友銀行または三菱UFJ銀行の普通口座、社会保険証または組合保険証がある方で、収入証明書が用意できればWEB完結申込を利用することも可能です。
この場合、ホームページから申し込み手続きを進め、デジカメやスキャナなどによって必要書類をデータで提出し、審査を受けます(審査可能時間は9時〜21時)。
審査結果がメールで届くと、そのままホームページ上で契約手続きを進め、完了すると指定口座に入金される仕組みです。

振込で融資を受ける場合、当日中に入金されるには平日14:50までに申込から契約、借入申込まで完了させる必要があります。

○SMBCモビットについて詳しくはコチラ

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱東京UFJ銀行のバンクイックで即日融資を受ける場合、テレビ窓口での申込が最も早いです。
三菱東京UFJ銀行ATMコーナーに設置されているテレビ窓口で、オペレーターと話しながらその場で申込から審査、カード発行まで行うことができ、カードを利用して、三菱東京UFJ銀行のATMで融資を受けられるようになります。

テレビ窓口の受付時間は平日9時~20時、土曜・祝日10時~18時、日曜10時~17時となっていますが、営業終了直前だと審査結果が翌日になる場合や、窓口の混雑によって当日中にすぐに受付してもらえない可能性もあるので、ある程度時間に余裕を持っておくといいでしょう。
また、事前にインターネット経由や電話にて申し込みを行った上で、テレビ窓口で契約・カード発行を行うととてもスムーズに進めることができます。
なおインターネット及び電話での申込の場合、審査結果の連絡は平日9時~21時、土日祝9時~17時です。

○バンクイックについて詳しくはコチラ

常陽銀行

常陽銀行のキャッシュピットで即日融資を受けるには、常陽銀行の口座があり申込書類が平日14時までに常陽銀行に届くことが条件です。
インターネットから申し込むことで審査結果が電話で回答され、必要書類を郵送することで手続き完了となります。

通常は2~3営業日程度でカードが届き、全国の提携コンビニや常陽銀行のATMにて借入ができるようになりますが、即日融資の場合は常陽銀行の口座に振り込まれますが、土日祝日は審査を行っていないので注意しましょう。

○常陽銀行について詳しくはコチラ

新生銀行カードローン

新生銀行のスマートカードローンプラスで即日融資を受けるにはインターネットによる申し込みとなりますが、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)を利用しているかどうかによって手順と期限が変わってきます。

新生パワーダイレクト経由の場合、申込が完了すると審査結果が回答され、インターネット上で契約手続きが完了となります。
これらの契約手続きを平日18時までに完了できれば、24時間いつでも新生総合口座に振り込まれることとなります。

新生パワーダイレクトを利用していない場合、インターネット上の専用フォームから申し込みます。
審査結果が返ってくるとインターネット上で契約手続きとなりますが、その際に本人確認書類の提出が必要です。
これらの手続きが問題なく完了すると指定された銀行口座に振り込まれますが、当日融資を受ける場合は平日14時までに必要書類の確認まで完了することが条件となります。

○新生銀行について詳しくはコチラ

まとめ

急ぎで現金が必要な場合、即日融資可能なカードローンはとても便利ですが、すぐに融資が受けられるということばかりに意識がいってしまうと見落としてしまうポイントもたくさんあります。
特に即日融資を受ける場合はスムーズに手続きを進めることが条件になってくるため、手順や必要書類、受付時間などについて事前によく確認しておくことが重要です。
また、借り入れることばかりに気を取られているとその後の返済が苦しくなってしまうリスクもあります。
借入だけでなく返済のことも考えて、無理のない範囲で計画的に利用しましょう。